コドミンの副作用について

コドミンの副作用について

コドミンには大豆由来のホスファチジルセリンが1粒当たり100mg含まれています。ホスファチジルセリンは動物と植物の細胞膜に含まれるリン脂質の一種です。人体の全ての細胞に存在しますが特に脳に多く分布しており、脳内のリン脂質のおよそ18%を占めます。

 

脳内の情報伝達や血流改善に大きな役割を果たします。ホスファチジルセリンが脳内に十分に供給されると脳細胞内外の物質の流れが促進され、老廃物が排出されます。

 

新陳代謝が活発になることから脳細胞の働きも高まり、アルツハイマー病や認知症、記憶障害、集中力の改善に効果が期待できます。1日当たり100mgから200mgが必用摂取量とされます。

 

コドミンに含まれるホスファチジルセリンは大豆由来のものなので、大豆アレルギーを持つ子供たち以外であれば服用できます。特に顕著な副作用は存在しないため安全です。

 

かつては牛の脳からホスファチジルセリンが製造されていた時期もあります。しかし狂牛病が問題とされるようになってからは、牛の脳ではなく大豆から作られるのが一般的となっています。基本的に副作用の心配がなく、多動性障害や集中力を改善することで学習にも良い効果を期待できます。

 

 

コドミンの利用でADHDのお子様をサポート

最近は「落ち着きがない」「おしゃべりをやめられない」「衝動的に行動してしまう」などという問題行動が見られるお子様がADHDであると診断される例が多くなっています。

 

学校生活の中では、特にADHDの影響が大きく、同じクラスの子たちから奇異の目で見られてしまったり、先生から叱られる回数が多くなってしまったりと、お子様の自己肯定感の低下に繋がる可能性があります。

 

診断を受けてADHDと確定した場合には、担任の先生や特別支援教育コーディネーターの先生に報告することで学習支援を受けられる場合もありますが、特別支援学級への転籍を勧められることもあります。なるべく普通学級での学習を続けさせたいのであれば、何らかの対策が必要となります。

 

お子様のADHD的な傾向にお悩みの保護者の方から支持を集めているのがコドミンです。コドミンはサプリメントですのですので、安心して使うことができると評判です。

 

落ち着いて授業を受けられる時間が長くなったこと、衝動的な行動を取る回数が減ったということで、担任の先生から「気持ちの面での成長が見られる」という評価を頂いたというお子様もいます。

 

コドミンを利用することで、お子様の行動面をより良い方向へと導くサポートとなる可能性があるといえるでしょう。

 

⇒副作用のないコドミン公式サイトはこちら