ADHD発達障害のお子さんについて

ADHD発達障害のお子さんについて

「ADHD発達障害」のお子さんは集中力がない、じっとしていられない、考えず行動をしてしまう‥などの特徴があります。

 

本人はもちろんご両親も気づかずに、生活の中で叱られたり悩んだりしてしまう事が多いと言われています。

 

親御さんの悩みとして、「なぜお友達と仲良くできないの?なぜ学校で落ち着いて授業が受けられないの?なぜ約束や時間が守れないの?なぜ忘れ物がいつも多いの?という声を聞きます。
「年齢相応の行動ができない」と周りのお子さんと比べて悩んでしまうのです。

 

あるお母さんの体験談です。

 

 

「ADHD発達障害の子供の親として、様々な体験をしてきました。
学校でお友達と遊んでいても周りの空気が読めなくて仲間ハズレにされてしまう、授業中、何かとウロウロして先生から注意をされる。プリントやノートの提出を忘れてしまう、どんなに言って聞かせてもその時は「わかった!」と納得するのに、また同じ間違いをくり返しでしまう‥
私はいつも叱ってばかりだし、どうしてこの子はできないの?とイライラしてついキツイ言葉を言ってしまい、本人もとても辛かったと思います。
でもネットなどでADHD発達障害の子供さんを持ち、悩んでるご両親を知りました。これは病気や障がいではなく、この子の「個性」なんだと知り長い目で見てあげられるようになりました。」

 

 

 

それぞれ子供には特徴があり、個性があります。親御さんをはじめ周りの大人達がそこを理解してあげなければいけません。
問題行動を起こすお子さんも、暖かい目と長い目で見てあげるのは大事なことだと言えます。

 

⇒ADHDサプリ コドミンの公式サイトはこちら